CARE

入れ歯治療

  • 虫歯などの原因で複数の歯を失ってしまった際に、歯の無いところを補う取り外しタイプの物をいいます。入れ歯には大きく分けて、総入れ歯(総義歯)と部分入れ歯(部分床義歯)があります。 

金属の義歯は保険適用外となりますが、その特性を生かし可能な限り薄く仕上げることができます。
保険適用であるプラスチック義歯は力がかかると曲がるのに対し、金属は最小限で済みます。転覆するような義歯を装着されて続けていると、顎の骨がどんどん吸収してしまい、義歯をフィットさせることがどんどん困難になってしまう場合があります。

当院の金属の義歯にはチタンを用いたものとコバルトクロムを用いたものがあります。チタンは体内に埋め込むことが出来るほど安全性の高い金属で、口の中では金属味がほとんどありません。さらに、コバルトクロムに比べるとチタンの方が軽量のものに仕上げることが出来ます。

歯が何本か残ってはいるが、バネを引っ掛けるには条件的に厳しい場合や、設計上、総入れ歯の方が安定が見込める場合、根を保存しその上に義歯が外れにくくなるような装置を装着することも可能です。(アタッチメント義歯)

コンフォートバナー