CARE

予防歯科

「むし歯治療が終われば全部治った!また痛くなれば歯医者に行けばいいや!」
こんな風にお考えの方は少なくないかと思います。
事実、日本ではこういう治療サイクルがずっとなされてきました。
結果、85歳における平均残存歯数はアメリカが15.8本、スウェーデンが19.5本であるのに対し、日本は7本以下という結果になっています。

日本はあらゆる歯科治療が保険で安価に受けることができるのに対し、アメリカやスウェーデンでは歯科治療に保険が適応されません。もし治療となってしまうと、1本の歯に数万円~数十万円の治療費が請求されます。そのため、むし歯や歯周病にならないように、子どもの頃から矯正治療を受け、定期的なクリーニングを受けることでそれらを予防しているのです。

この図が示すように1本の歯は4~5回の治療にしか耐えることができません。つまり抜歯になってしまうのです。
歯を残すためには、「1度の治療を長持ちさせる」か「再びむし歯にならない様に予防する」必要があるということなのです。

セルフケアとプロフェッショナルケア

セルフケアとはご自身で毎日行っていただく歯磨きのことです。
当院では磨き残しが生じやすい部位を把握していただくために、汚れの染め出しやお口の中の菌をお手持ちのスマホを使って見ていただきます

患者様ごとにそれぞれ状態が異なりますから、それぞれに合った歯磨き方法を提案させていただきます。歯科医院でクリーニングする回数よりも自宅で歯磨きをする回数の方が圧倒的に多いのですから、ここの意識・技術改革が何より重要だと考えています。

プロフェッショナルケアとは、歯科医院で専門家が行うものです。
毎日のセルフケアを頑張っていただいても、完璧に汚れを除去するのは難しいことです。
汚れが残っている状態で時間が経つと、ネバネバとした膜を作ってさらに除去が困難になります。そこで、歯科の専門家により専門の器械や器具によりそれらの汚れを除去していきます。(PMTC=Professional Mechanical Tooth Cleaning)このPMTCとフッ素を効果的に適用することで、むし歯や歯周病の発生を予防していきます。

何ヶ月かに1度のクリーニングが非常に面倒に感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、予防中心に切り替えることで、①治療時間 ②治療回数 ③治療費 ④治療時の苦痛 ⑤生涯で失う歯の本数 を圧倒的に抑えることができます。
上に述べたPMTCなどは非常に柔らかい器具でクリーニングを行いますので、痛みがなく、むしろ爽快感が残り非常に気持ちの良いものになっております。
さらに、下図に示すように定期的にクリーニングに通うことで、80歳の時点で約9本失う歯の本数を少なくすることができるというデータもあります。

健康寿命と平均寿命

健康寿命とは、健康上の問題が無い状態で、日常生活を送れる期間のことをいいます。
男性だと約9年、女性だと約12年、何らかの介助が必要な期間があることがわかります。
多くの歯を残すことで食事が制限されることなく、お口から栄養を摂れるということが健康寿命を延ばすことは間違いないと思います。将来のご自身や周りの方のために元気なうちから歯を残す努力が必要なのではないでしょうか。当院では数十年先を見据えたサポートを提供できればと考えております。